赤潮情報

− 浅海干潟研究部 −

 漁業者・漁協からの情報や、当センターの各種調査、定期調査時に赤潮を発見した場合、関係機関と協力して、赤潮の種類や分布範囲、細胞数などを調査し、それらの情報を養殖業者や漁協等に情報発信しています。

最新の赤潮情報


平成28年4月以降の情報

発生日
(確認日)
終息日 海 区 海  域 最 大
細胞数
cells/ml
赤 潮 情 報
H28. 4. 1  H28.4.26  天草海 羊角湾  ノクチルカ シンチランス
170cells/mL
1号
H28. 4. 5  H28.4.25  天草海 天草郡苓北町地先  ノクチルカ シンチランス
1,900cells/mL
2号
H28. 5. 6  H28. 5. 10  八代海 八代港沖  ミリオネクタ ルブラ
3,130cells/mL
アレキサンドリウム属
120cells/mL
3号

携帯版赤潮情報( 5月17日更新)
http://www.suiken.pref.kumamoto.jp/keitai/akasio/main.html
http://www.suiken.pref.kumamoto.jp/keitai/akasio/main.html



他機関情報

県内他機関情報

 天草市水産研究センター

 熊本県海水養殖漁業協同組合

県外赤潮情報リンク

 福岡県水産海洋技術センター(有明海等の赤潮情報)

 鹿児島県水産技術開発センター(八代海等の赤潮情報)

熊本県の赤潮生物

有害種
 1.シャットネラ アンティーカ
 2.コクロディニウム ポリクリコイデス
 3.カレニア ミキモトイ
 4.ヘテロシグマ アカシオ
 5.ヘテロカプサ サーキュラリスカーマ


貝毒原因種
 6.ギムノディニウム カテナータム

その他
 7.赤潮原因プランクトンの大きさ



有害赤潮の警報・注意報基準

番号 種    類  注意報
(細胞/ml)
警報
(細胞/ml)
備 考
シャットネラ アンティーカ 5以上 10以上 極めて有害
シャットネラ マリーナ 10以上 100以上 極めて有害 (アンティーカと混在の場合はアンティーカの基準を用いる。
ヘテロシグマ アカシオ 1,000以上 10,000以上 有害
コクロディニウム ポリクリコイデス 100以上 500以上 極めて有害
カレニア ミキモトイ (旧ギムノディニウム ミキモトイ) 100以上 1,000以上 魚類・貝類に有害
カレニア デジタータ (旧ギムノディニウム sp.) 10以上 100以上 極めて有害
ヘテロカプサ サーキュラリスカーマ 5以上 50以上 貝類のみ有害

本基準は魚介類を養殖・蓄養している漁業者に注意を促すためのもので、急激なプランクトンの増殖に対応ができるよう、細胞数はやや低めに設定してあります。


 
ホームページへ戻る